設備・施設予約

Xbox360でインターネットが出来るのか?

ブラウザを使ってのインターネット閲覧は、Xbox360では出来ません。

PS3やPSPにはブラウザがあるようなのですが、残念ならがXbox360には付いていません。

▼Xbox LIVEから提供されているオンラインサービスのみ利用可能です。

ゲームをオンラインへ繋ぐ。
ゲームのアップデート。
体験版のダウンロード。
ダウンロードコンテンツの購入。
企画ムービー。
ゲームソフトの購入。
Xbox360本体のアップデート。

等のコンテンツを扱っています。

一覧はこちら→はじめよう Xbox LIVE

▼これらのオンラインサービスの利用には、WindowsLIVEへの登録が必要です。

PCから登録するよりも、既存のゲーマーアカウントを使って、Xbox360のダッシュボードより登録を行ったほうがいいと思います。

また、ゲームをオンラインへ繋ぐ場合、ゴールドメンバーシップへの参加が必要で、こちらは有料となっています。年間5000円程度です。

詳しくはこちら→

posted by ありす | Xbox360の機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit

Xbox360のディスクインストールって何?

Xbox360において、ディスクインストールとは、

「ゲームソフトをまるまるハードディスクにインストールしてしまうこと」

を指します。

ディスクインストールのメリット

新型Xbox360では静音性が優れているので、しなくても気になりません。、旧型のXbox360では大きなメリットを得ることが出来ます。

それが、「ディスクの回転音がしなくなる」ということです。

ディスクの回転音が耳障りだったのを、スッカリ解消することが出来ます。

また、ローディングが今以上に早くなります。

もう一つPS3と比べて良いのが、全てのゲームをインストールすることが可能ということ。

PS3の場合、ゲームタイトルによっては、出来ないものがあるそうです。

ディスクインストールのデメリット

ディスクインストールとは、ディスクをまるまるHDDにコピーしてしまうことなんですが。

ゲームを遊ぶのに、ディスクが必要ないという訳ではありません。

ゲームを起動する際に、ディスク確認が行われ、ディスクインストールがされている場合、ディスクの回転が止まるという仕様。

インストールしたゲームディスクを、お店に売り払ったりしないでください。

posted by ありす | Xbox360の機能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit

新型Xbox360のゲームソフト互換性については?

新型Xbox360 250GBには、標準で初代Xboxタイトルの遊べるエミュレータが搭載されていることを確認しました。

初代ゲームタイトルとの互換性は、エミュレータである程度クリアされてますが、全てのソフトの起動を保証しているわけではありません。

人気のあった100タイトル以上は動く様になっています。

新型でない、旧型も場合も、Xbox360をネット環境に接続させることで、Xbox LIVEよりアップデートファイルで更新されるそうです。

ネットに繋げない場合

ネットに繋げない場合は、アップデートファイルをサイトよりダウンロードして、本体を更新する必要があります。

詳しくはこちらのXBOXヘルプにありました→初代 Xbox ゲームをプレイするために Xbox 360 を更新するには

USBメモリか、CD/DVDにファイルを焼いて使用します。

posted by ありす | Xbox360の仕様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。