設備・施設予約

新型Xbox360とPS3の違いを比べて評価してみる

新型Xbox360とPS3のどっちを購入したらよいか?
どっちのハードも持っている場合、どちらのゲームタイトルを購入するべきか?

という問題から、違いを比べて評価してみようと至ったわけです。

Yahoo!知恵袋に優秀な解答がありましたので、それを参考に述べて、どちらを購入するかの目安を述べてみます。

国内販売数はPS3の方が多い

国内メーカーの方が安心出来るという点や、ソニーのファンがいるので売れているんだと思います。

とはいえ、Xbox360も天下のマイクロソフト社ということを忘れてはいけまえん。Windowsを積んだパソコンのシェアを見れば、その素晴らしさは解って頂けると思います。

なので、国内販売台数で決めるのはオススメ出来ません。

ゲームタイトルの違い

▼Xbox360は世界に向けてソフト制作を行っています。
PS3は、始めから日本ユーザーを相手にソフトを制作しています。

というのも、国内メーカーがXbox360用のソフトを制作することって、PS3に比べて少ないんです。何故なら、Xbox360を持っているユーザーが少ないから。

数が増えれば、ゲームメーカーもXbox360を無視は出来ないと思います。

▼逆手に考えると、「Xbox360のタイトルは海外で作られたソフトが多い」ということが分かります。

海外のソフトはリアル志向なので、主人公のレベルを上げればクリア出来るというゲームではなく。自分のゲームのプレイングレベルを必要とするものが多い気がします。

日本 → レールの上を歩いてればクリア出来る。ストーリー性が強い。
海外 → レールをはみ出して遊ぶこと前提。自由度が高い。

というイメージを感じています。

ハードの違い

▼大きな違いは、ブルーレイディスクが使えるか、使えないか?に限ると思います。PS3は、ブルーレイディスクが使えます。

綺麗なムービーを多く詰め込めるブルーレイですが、ゲーム性よりもムービーに力を入れてしまったため、「すぐクリア出来てしまう」「映画を見てるようだった」という感想が多いのがPS3タイトル。

処理速度は確かにPS3の方が優っているのですが、ゲームで関係ないところで役立っても仕方ないですよね?

▼HDDインストール機能

Xbox360には、ゲームディスクをHDDにインストール出来る機能が備わっています。インストールするとただでさえ短いローディングが、もっと短くなるのと、ハードディスクの回転音が聞こえなくなります。

PS3はどうかと言えば、本体ではなく、ゲームディスクの方にインストール機能が備わっています。全てのタイトルで、HDDインストールを使えるわけではないんですね。

▼ゲーム性に特化しているのはXbox360

実際にゲームをプレイしてみても、PS3とXbox360の違いは解らないことだと思います。どちらも優秀なハードということです。

「ブルーレイディスク再生機として使いたい」
「トルネを使いたい」

などの用途を感じるのであれば、PS3がいいです。

ゲームをするためだけに作られたのが、Xbox360で、ゲームという点だけで見れば上手になります。こちらも参考に→Yahoo!知恵袋

オンラインが熱い!

Xbox360のゲームタイトルでは、オンライン対戦が行えるものが多いです。

世界で同じサーバーを使ってますので、どの国のユーザーも参加出来ます。

そのため、面倒な挨拶や、社交辞令がなく、いきなり対戦が開始されるものが多いと感じています。そのお陰で、気兼ねなくオンラインに繋ぐことが出来ます。

また、ゲームタイトルごとの課金は必要ではありません。(MHFを除く)

ゴールド メンバーシップ」を購入することで、全てのタイトルでオンラインが楽しめます。

どっちを買うか、どうやって決めるべき?

考えるべき点は、3つ。

1、ブルーレイディスクを見たい。トルネを使いたい。
2、PS3にしかない好きなタイトルがある。
3、友人にPS3所持者が多い。

という場合、PS3の方がいいと思います。

それ以外であれば、Xbox360の方がいいと思います。発売されているゲームタイトルがかなり多いので、次々にソフトを購入出来ますし。

誇りをかぶってしまうことも少ないでしょう。



posted by ありす | Xbox360の仕様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit

新型Xbox360本体の仕様を含めてレビュー

2010年6月24日に発売した、新型Xbox360を購入してみたので旧型と比べながら、仕様をレビューしてみました。Xbox360 Sと言われてるんですかね。

写真は以下のサイトを参考に↓↓
写真で見る新型「Xbox 360 250GB」やっと小型化し熱も抑えられ、静かに!

▼同梱物一覧

Xbox360本体
ACアダプタ
ワイヤレスコントローラー
ヘッドセット
コンポジットAVケーブル
Xbox LIVE ゴールドメンバーシップ 1ヶ月分

コンパクトになったのか?

旧型とくらべて新型は、高さが2cmぐらい縮みました。
奥行きはほとんど変わってません。

なので小ささに期待はしない方がいいです。

が、そこはあまり問題ではないのは、旧型をお持ちの方はお判りかと思います。

その点について↓

静かになったのか?

ディスクの回転音がめちゃくちゃうるさかった旧型ですが、ほぼ聞こえないぐらいに静音性がアップしました。

HDDインストールが出来る様になったので、解消はされていたんでしょうが。Xbox360アーケードなどでは、HDDが付いてませんので、新型Xbox360にすることで、問題が解決されます。

放熱性がアップ

本体がものスゴク熱くなります。
本体から正常に、外へ放熱されている証拠です。

なので、本体のファンから空気が出る場所を塞がないようにしましょう。

無線LANが内蔵されている

新型Xbox360には無線LANが内蔵されています。

ご家庭で使っている、無線LANルータから受信することが可能。もちろん有線LANでも接続可能です。

旧Xboxとのゲームソフト互換性

360になる前の、Xboxのゲームソフトを起動することが出来ます。

Xboxエミュレータが搭載されており、全てのゲームが動くという保証はありませえんが、大抵のものはプレイ可能です。

旧型のXbox360でも、エミュレータをインストールすることで、プレイが可能になります。

詳しくはこちらの記事に→

USB端子の数や、背面の端子について

USB端子は全面に2つ、背面に3つになりました。

kinect(キネクト)用の接続端子や、光オーディオケーブル端子。

HDMI端子と、LANケーブル端子があります。

旧型から新型Xbox360へのデータ転送は?

データ転送は、あまりに巨大なファイルで無い限り、USBメモリーを使って行うことが出来ます。

Xbox専用のメモリーユニットの変わりと思ってください。

利用出来る容量は16GBまでなので、32GBや64GBのUSBメモリを使っても、16GBまでしか使うことが出来ません。

Xbox360専用のデータ転送ケーブルがあるんですが、USBメモリーが変えるぐらいの価格なので、後者でいいと思います。

詳しくはこちら→

また、外付けのハードディスクも使用可能です。16GBまでしか使えないのは、USBメモリと同じです。

旧型のHDDは使えるのか?

旧型Xbox360のHDDは使うことが出来ません。

そのかわり、かなりコンパクトになりました。

ACアダプタが新しくなった

ACアダプタも旧型と新型では互換性はありあません。

新型のアダプタはコネクタの形が変わってますし、旧型よりも小さく軽量化されています。

購入して良かったか?

静音性については、HDDインストールでクリア出来ていたので、新型を購入するとき悩みました。(初期型とアーケードを持っています)

初期型Xbox360のHDD容量が20GBのもので、ゲームを2本インストールするとHDDの空き容量が一杯になってしまいます。

3〜4本はインストールしておきたかったので、250GBの新型Xbox360の購入へ踏み切りました。

購入してみてからそのメリットに驚かされました。

HDD容量は多いし、インストールしなくても、そもそも騒音が発生しない。

旧型では割りと起こるレッドリング問題に怯えなくてよさそうなど、利点は多かったです。

最初からこれが発売されていれば、日本国内でももう少し、Xboxユーザーが多かったんじゃ?と思います。

posted by ありす | Xbox360の仕様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする | edit
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。